壁が壁であって壁でない?

僕はいつも思ってる。

それは壁であって壁でないと言うこと。


生きていることと死んでいることの差は

エネルギーが広がっていくのか? エネルギーが収縮しているのか? あるいはエネルギーがないのか?

空間に入ると言うことは

普通であればそのサイズになる。

僕らの描く空間においては 中に入って広がりを感じて欲しい。 そして文字通り限界を壊して広がって欲しいんだ。

だから空間としては広がる。

僕らの外側の皮膚として

温度や湿度は保ってくれるんだけど

壁が壁であって壁でない。 そう言う壁であり環境なんだ。


だから塗り壁なんだけど

そこに壁があることすら気がつかないような

そんな壁を塗ろうとしてる。



18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示