生きている壁

壁が生きている?

なんとなくそのイメージは湧くかと思うけれど、

クロスや、ペンキでそれができるだろうか?

呼吸でしてるだろうか?

四季折々壁に触れた時の触感、

光に触れた時の壁の色、光の模様で、

壁が生きてるなあと感じることはあるだろう。

 

しかし、『ウレシイカベ』にとっての

生きていることと死んでいることの差の物差しは、それだけではない。

エネルギーが広がっていくのか?
エネルギーが収縮しているのか?
あるいはエネルギーがないのか?

 

ということまでを考えている。


空間に入ると言うことは

普通であればそのサイズになる。


僕らの描く空間においては
中に入って広がりを感じて欲しい。

そこにいる人のエネルギーが広がっていけば、自然とその空間も広がっていくように感じる。


僕らの外側の皮膚として

温度や湿度は保ってくれるんだけど

壁が壁であって壁でない。


そう言う壁であり

むしろ一つの”環境”なんだと考えている。

そこに壁があることすら気がつかないような

そんな壁を塗ろうとしてる。

ちょっとスピリチュアルだけど、

生きている壁の中にいることを想像してみてください。

ちょっと何か体が喜ぶ感じがしませんか?