お茶席へ。


岐阜のギャルリももぐさで開催された陶芸家で茶人の安藤雅信さんと菓子屋ここのつさんの茶席に出席してきました。

それはそれは数々の学びと発見があったのです。


まずは茶席でお茶を飲むということがなんとも言えず心地よく、自分に向かうことの大切さを思い出させてくれます。

濃茶のおいしさにも目覚めてしまいました。


ここのつさんのお菓子はおいしいを通り越しておいしく、おいしすぎると目をつぶってしまうんですよね。

うわーってふわ〜って。

ふと横を見ると周りの人もそうなってる。笑っちゃいました。


日本人の持っている美意識の究極のかたちがお茶の文化の中にあるなと思いました。

茶道を学びたい!そう思いました。

津山にいたときに景道という床かざりを主体とした習い事をしていたのですが、それも生かせそうです。




25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示