見えないところ。

今度の工事はビルのエレベーターホール。

床が剥がれてきていたところに

モールテックスでやり替えをして

壁もウレシイカベになります。

まずは施工前の写真

床が剥がれかけてる、そして壁には

厚手のフェルトが貼ってあるのだが・・・

壁をはがした時点で

その下の壁がかなり痛んでいることが発覚。

一箇所ずつ手直しをしていきます。

そして

いつもながら思うのは

手をかけるということは

その場所が整っていくということ。

ビニールクロスであったり

塗り壁であってもできるだけ手間をかけない材料が

もてはやされていますが

僕の考えは違う。

手間をかけるからモノが生きる。

モノが生きるから空間が生きる。

空間が生きるから僕らも生きる。


そう思うから

そこに共感するお客さんが

やっと出逢えたって

言ってくださる。

それがありがたいんです。


さてここがどう生まれ変わるのか?

おたのしみに。


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示