硬さという価値観。

今まで性能を第一に考えてきた。

その結果、失われるものもある。

それが硬さ。

その真反対にある素材を取り入れてみた。

モールテックス。

床や家具、壁にも施工できる樹脂モルタル。

ベルギーのBEAL社の商品でデザインコンクリートとも呼ばれている。

強度と意匠性を併せ持つ素材でコンクリートの1.5倍の表面強度を謳われている。

そのモールテックスを床に施工。

モールテックスを施工。
モールテックスを施工したところ。まだ仕上げ途中。コテ波で味が出せる。

ウレシイカベの唯一のデメリットは表面強度。

だからこそ表面強度がメリットのモールテックスを施工して

その長所を身体で感じようという

職人ならではの感覚なんだな。


普段の施工と違い、樹脂独特の施工時間の短さとムラなく塗ろうとしてしまう自分に

ちょっと戸惑いながらも施工を完了。

素材を触れることでその良さも特徴もよりよく感じれる。

実際、かなり硬い。

これはこれでうれしいかもね。

塗って数時間でかなりの硬さが出てくる。



さて次は巾木、そして壁と天井だ。


強度がありながらも

呼吸性や保温性がある。

そんな素材の開発が見えてきた。


本当は腰の治療で

まだ安静にしておきなさいって時ですが

そんなことを言ってられません。

やりますよ!!!


28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示