リフォームスタート。

大工工事も終わり

とうとう塗りの出番だ。

ボードの目地処理をして

天井の既存壁のクロスを剥がす。

なんと下地はジプトーンでした。

なんどもリフォームを繰り返してきたことが伺えます。

ビニールクロスを剥がさずに施工する方法が一般的になりつつあるけど

なぜだと思う?

それはコストと見え方の問題。

求めるものの違いじゃないかな。

珪藻土を塗ろう、漆喰を塗ろうっていうのは

気持ち良く過ごしたいからのはず・・・

下地が綺麗になってないと

いくら仕上げを綺麗にしても

どこかパッとしない。笑


感じるか感じないかの差はあるけれど

そりゃ手間をかけない方が安いけど

それで居心地が手に入らないのなら

やる意味はない。


見えないところで

居心地は決まる。

だから下地から綺麗にする。

もちろんビニールクロスも剥がす。

それがぼくの流儀です。

逆に丁寧に仕上げられた塗り壁の場合は

その上から下地を塗る場合もある。

それはその壁にそのままここにいてほしいから・・・

丁寧に作られたものは残したい。

そこにはなにか目に見えないものでも

感じられる差がある。


0回の閲覧

Tokyo,Japan

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

contact     〒102-0082 東京都千代田区一番町8-13-503

                    03-3265-0700  info@ureshiikabe.com

© 2018 by Ureshiicorse all rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon