top of page

ビルの外階段の修理までするの?笑

最近、ビルメンテナンスの依頼まで来ます。 その理由はちゃんとした会社にちゃんと依頼しても ちゃんと治らないから・・・。笑 これ今の時代本当なのです。 特に東京では。 もう全国的にそうなり始めています。 理由は簡単。職人がいないから

じゃ何故ウレシイコルセに依頼が来るの? それは私の周りには職人と呼べる人たちが多いから。 こちらもビル階段も施工して2年で何箇所かボロボロになって 私はおかしいって言ったんです。 修理の見積もりを取ったらあまりに高いので、そんなにするのだろうかとのご相談があったのです。 うちで手配をかけたら半額以下で直せるってことになって どうせならってことで数カ所貼り直してもらいました。 結果はコーキングの不良と階段の段鼻の処理が悪くて浮いちゃって その結果シートが破れていました。 今、職人って言っても素人みたいな人が来るんです。 YouTube見て直してるんです。笑 こっちは素人みたいな人がするんなら 自分がした方が良くなるよって思います。 今回の補修してくれた職人が言った言葉がなかなか良くって


『よく言うと経験が豊富なんですけど  正確には失敗の数が多いんです。  失敗の数が多いってことは  正しいやり方ができるようになるってことなんです。』 本当にそうなんです。 あと一つ。

『みんな表面を見ちゃうんです。  でも大切なのは下地の方で下処理がちゃんとしてるかが大切なんです。』

普通の会社に依頼したら

その会社の下請けの会社に依頼が入ってそこの社員が来るんです。

できるかできないかではなく形にしに来るんです。 それで仕事をして帰っていくんです。 上っ面を整えて・・・。笑 うちの場合はこんな依頼があるけどできる?

って仲間の職人に当たるんです。 そうすると職人目線でどうやればできるとか それは仲間の誰々って職人ならできるってことになって できる職人がやってくるんです。 だからちゃんと直るんです。 本当はどうやるかではなく 誰がやるかってのがすごく大切です。 きちんとって意味がわかっている職人。 大切にしてくださいね。 YouTubeでは失敗は教えてくれませんし 本当のことばかりではないですよ。 もし、周りに本当の職人がいたなら 大切にしてくださいね。 きっと大概のことはなんとかする方法を考えてくれますから・・・。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page