top of page

ひと段落。

東京へ帰ってきました。

鳥取、東京、倉敷と現場が続いて

やっと帰ってきました。

自分の好きなクルマに乗ると

ほっとします。

このほっとする感覚が

僕にとっては

とてもたいせつな感覚です。 今の最先端な世界にこのほっとする感じ。 有るのだろうか? なぜか乗るたびにたのしく 幸せ何持ちにさせる何かがそこにある。 だからこそ それを感じ、そういうものを作ろうって思って 壁を塗っているのです。 も21万キロ乗っている愛車をメンテナンスしてもらいました。 エンジンとミッションをオーバーホールして ここからさらに一緒に走っていけると思います。 愛情をかけ、丁寧に作られたものは 一生持つと思うし、一生共にしたいと思うのです。 そういうものを私も作りたいと思って この仕事をしているのです。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page